まいばんビリヤード

p504.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 フリーボールからのライン出し semスキン用のアイコン02

  

2013年 03月 01日

部分図だが、こんなフリーボールが回ってきた
d0138260_1473566.gif
1番から2番への出しが少し嫌らしい

素直に一番近く広いポケットを目指すとこうなる
d0138260_1582497.gif
確かに素直だ
が、ライン出しで無く、引きと弾きの加減が繊細で難しい取り方だと思う
そして厚みも少し嫌らしい

こんなときはクッションを使うと楽になる
d0138260_1583834.gif
厚く置くと入れが安定するが、出すために適度な左捻りが必要になる
画像よりやや薄く置いてノーイングリッシュという取り方もあるだろう
なによりライン出しなので安定する

ビバ!ライン出し

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

# by m_0k1 | 2013-03-01 02:01 | ポケット

semスキン用のアイコン01 ひっかけ semスキン用のアイコン02

  

2013年 02月 28日

こんな配置
d0138260_0115076.gif
的球はポケットから1ポイント、手球は的球から3ポイントと、比較的コンパクトだ

もっとも素直な取り方はカットになるだろう
……
と思ってカットに挑むも10球撞いて10球が外れた
これは相性が悪いようだ

バンクはある
キスがわしは簡単では無いが、逆を捻って渾身の力で厚み2/3程度に撞くとかわし易い
しかし、大抵は躊躇してしまい9番は長く外れる
これも相性が悪いのだろう

最終選択としてひっかけが残る
これは人によりけりだと思う
カットが入る人はカットでいいし、バンクが入る人はバンクがいい
もちろん、それぞれ練習しておく価値はある
そしてそれらを練習してもなかなか上達しない場合にひっかけも考えてみたらいかが? となる

ひっかけ
弱く撞いたら始まらない
きっちりとしっかりと撞く
強さの目安は、ばたばたさせたときに上の長-下の長-上の長と入って次の下の長に届かない程度
クッションから薄く入れば手球は短へ
クッションから厚く入れば手球はばたばた
その中間は一発スクラッチ
中間を避けるには、どちらかに決める必要がある

短へ入れる、つまり回す場合はマキシマム左捻りに若干の上を入れてはっきり空振り
長クッションのバタバタの場合はマキシマム左捻りに1タップの下を入れてやや空振り
両方使えると出しのバリエーションが増える

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

# by m_0k1 | 2013-02-28 00:31 | ポケット

semスキン用のアイコン01 バンドゲームの初球 semスキン用のアイコン02

  

2013年 02月 27日

3クッションの初球は裏回しとほぼ相場が決まっている
一方で、バンドゲームの初球は代表的な取り方が2通りあるようだ

一つ目は裏回し
d0138260_201822.gif
バンドは寄せ重視
なので赤を余り走らせない

二つ目は表回し
d0138260_251944.gif
厚み1/2よりも薄く狙って行く
1/2だと、赤が先に走って黄色にキスすることが多い
図はその様子を示している
赤を隅にシュートする厚み(1/2よりずっと薄い)だと更に安全だが、そう狙う上級者は少ないようだ
撞点は…
微逆だと思われるが、調整が必要

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

# by m_0k1 | 2013-02-27 02:09 | キャロム

semスキン用のアイコン01 速さか撞点か semスキン用のアイコン02

  

2013年 02月 23日

手玉は白でこんな配置
d0138260_2262210.gif
余り悩む形ではないが、二番目の候補から検討してみる
第二候補は空クッションだ
d0138260_2271557.gif
受けもまずまず良いのだが、問題はスタートが隅ということ
隅はちょっとした変化が大きな変化になるところで、撞き方やコンディションに敏感だ
やはり選びたくない候補となる

第一候補は裏回し・切り替えし系の取り方だろう
d0138260_2291595.gif
こんな外れ方をイメージしてノーイングリッシュで撞いたところ、案の定、長く外れた
ここでプロに問うた
「速さで調整していいですか?」
答えは簡単
「OK」(ただし低点者に限る)
一番当たり易い速さというのがあって、この場合はもっと強く撞けば当たっていた

それ自体は予想できる事なのだが、それで当てているだけでは成長しない
ひとつ、(1/2の厚みのノーイングリッシュという縛りで)どの程度の弱さまで当たるのか探る必要がある
ひとつ、外れだす弱さで撞いたときの当たり易い撞点(この場合は微逆)を探る必要がある
その第一歩がノーイングリッシュで長外しなのだと思う

この配置は、上達するにつれて黄色の運び方が重要になってくるだろう
今はまだそこまで到達していない
いつか来るその日の為に…

追記:第三候補は黄色の内からの表系二重回し
にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

# by m_0k1 | 2013-02-23 02:41 | キャロム

semスキン用のアイコン01 穴前からの出し semスキン用のアイコン02

  

2013年 02月 21日

手玉はフリーボールで残り4球
d0138260_3121191.gif
どうとでもなりそうな配置
ここから、どう組み立てるか

8番へは長クッションぞいに、厚く厚く出したい
7番へは、やや左振りで厚めに出したい
d0138260_3165737.gif
6番が穴前なので色々と出しのバリエーションは多い
その中でラインが安定するのは、こんな出しだろうか
d0138260_317425.gif
1/2の厚みから押すと、厚みのミスに対して手球のラインが安定する

この穴前からの出し、最後の決め手は割らない撞き方である
割ってしまうとエラいことになる


にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

# by m_0k1 | 2013-02-21 03:27 | ポケット

semスキン用のアイコン01 極意3 semスキン用のアイコン02

  

2012年 10月 26日

エントリー(ゴルフで言うところのアドレスかな?)で7割方決まる
キューは顎の下
キューはつららが落ちるように加速させる
ハイエルボーに加えてバックエルボーの意識
ストロークの最後でキュー先が下がる=肘が後方に上がる意識で撞く

極意というか基本だ

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

# by m_0k1 | 2012-10-26 00:03 | ポケット