まいばんビリヤード

p504.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 メモ semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 31日

サイドポケット脇の的球の処理を早めに
サイド穴振り
逆振りを、厚めに穴振りして奇麗に押すリカバリー法
ブレイクの力加減と、手球を止める位置

入れのタイミングとリズムを丁寧に

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2011-05-31 00:33 | ポケット

semスキン用のアイコン01 2011/05 semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 30日

B81

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2011-05-30 23:29 | ポケット記録

semスキン用のアイコン01 メモ semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 23日

サイド
薄い球
殺し球
押し抜き
ランが出た後のラック、ブレイク
viva薄い球!

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2011-05-23 01:52 | ポケット

semスキン用のアイコン01 2011/05 semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 22日

B71

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2011-05-22 23:59 | ポケット記録

semスキン用のアイコン01 フリーボールの行方 semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 21日

フリーボール2題です

・イ
2球取りきりです
d0138260_1224830.gif

・ロ
同じく2球取りきりになります
d0138260_1231391.gif


9番はブレイク後のよくある配置ですが、画像で少し上に転がっています
この小さな転がりを見逃さずに、左上のコーナーに狙って9番のシュート率を上げたいところです

・イの実戦例
d0138260_123096.gif
厚めに置いて順下で気持ちよく撞きます
・ロの実戦例
d0138260_1232434.gif
これも厚めに置いて順上で気持ちよく撞きます

流れの中では狭い方に出すのも已む無しとなりますが、広いほうが選べるときは広いほうがお勧めです

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2011-05-21 23:32 | ポケット

semスキン用のアイコン01 極意 semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 20日

・押しの極意
撞点を下げ、バックストロークでグリップを下に引き、真っ直ぐに貫くように撞くべし

・撞きの極意
目線を厚みに集中させ、意識は利き腕の橈骨と利き手の母指中手骨へ向け、その2つの骨の面を的球にぶつけるように撞くべし

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2011-05-20 23:59 | ポケット

semスキン用のアイコン01 ヒネリ semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 19日

捻りの目的を整理してみました

・的球に当たった後、クッションに入った時の動きを変える
・空クッションで、ノーイングリッシュでは走らないコースに載せる
・空クッションで、安定させる
・スローを使って入れの無い的球をシュートする
・カーブを使って、ノーイングリッシュでは走らないコースに載せる

ここまでは比較的わかり易い例です

・的球に当たった後、平のクッションでの走りを変える

これが納得できません

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2011-05-19 23:25 | ポケット

semスキン用のアイコン01 正面には撞けない semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 17日

利き手でグリップして、逆手でブリッジを組みます
その形ゆえにキューは体の正面には撞けません
顔の正面に向かって撞くためには、頭を横に向ける必要があります
その角度が大切です
許容範囲に納まっていれば、後はストロークでカバーします

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2011-05-17 02:04 | ポケット

semスキン用のアイコン01 semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 09日

「この球は薄く外す癖がある」
「レールから撞くといつも内こじりする」
「引こうとすると外にこじる」
「遠くを狙うと手球が内にずれる」

そんな事を考えながら撞いている内に空中分解しました
入りません
またやり直しです

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2011-05-09 03:06 | ポケット

semスキン用のアイコン01 対角線システムと応用 semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 06日

教わったばかりのシステムがあります
d0138260_112051.gif
特に名前がついていないので、対角線システムと名付けました

対角線よりも0.5ポイント~1.5ポイントほど前に出ている手玉を、順の肩を捻って短の0.5ポイント付近に入れます
すると手玉はやや巻き気味に、ちょうど隅に帰ってきます
これだけのシステムです

この空クッションのラインのままで取れる玉はほとんどありません
ほぼ全てが応用になります

・捻りを甘めで長くさせ、3クッション目を短に持っていく
・1クッション目の短を1ポイント付近に入れて長くさせ、3クッション目を短に持っていく
・捻りを多めで短くさせ、3クッション目を長に持っていく
この3パターンがメインです
1クッション目を短の隅の付近に入れて短くさせるパターンは余り使いません

タネを明かすと、これはセブンシステムの一形態です
(10-2)*4.5=36
左の短の上端が0、下端が40ですから、計算結果の36というと下から0.4ポイントになります

ノーイングリッシュのセブンシステムは安定し辛いのですが、対角線システムは2つの要素で安定します
1つは肩を撞くことによる安定、もう一つは短長と2つのクッションをコンパクトに使うことによる安定です

空クッションだけで使うのは惜しいシステムです
もちろん、表回し、プラスツー、長線(縦の切り返し)に応用できます

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2011-05-06 00:50 | キャロム