まいばんビリヤード

p504.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 200810 semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 31日

G24H4A266

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-10-31 23:59 | キャロム記録

semスキン用のアイコン01 言い訳はしない semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 29日

裏枡の9番です
d0138260_312568.gif
毎回々々、これを外しました、入れていたら枡割りでした
という書き出しが多いのですが、この裏枡は無事取ることができました
ただし他の配置を覚えていません

多分8番はヘッドの短にくっついていて、7番は右下のコーナーで1クッションから8番に出したはずです
6番は上のサイド穴近くで、5番は下の長から球1個浮きでフット側2ポイントにありました
4番はフットの短から球1個半浮きで下側1ポイントほどです
3番は9番の左上で9番から球3個弱離れていました
2番と1番は忘れました

と今、頑張って思い出すのですが他のラックと混ざっているかもしれません
思い出した分だけ描いたのが下の配置です
d0138260_323915.gif
4番へは厚く出しました
ちょうど画像の3番を眺めたときに、4番に振りをつけて出すのが難しく感じたからです
5番を右下のコーナーへ長いシュートで我慢すれば、後は難しいところがありません

1番と2番を覚えていないのが残念です

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-10-29 03:30 | ポケット

semスキン用のアイコン01 The Next Cue, TNC semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 28日

プロによればキューによって得意な球、不得意な球があるそうです
そしてキュー毎に覚え易い球が違うとのことです

そのままだと曖昧なので更に突っ込んで訊いてみました
「何が違うのか? どういう違いなのか?」

キューの物理的特性はいろいろあります
シャフトやバットの堅さ
シャフトやバットの太さ
全体の重量と、重心の位置
この中で一番の違いがでるのがシャフトの堅さです

キューの堅さはキューの特性を支配します
堅いキューはパワーと正確性が利点で、捻りが乗らないところが欠点です
柔らかいキューは捻りが乗りやすくトビが少ないところが利点です

それぞれに得手と不得手とがあります
片方のキューの得意な球を撞きこんでコツをつかむと、もう片方のキューでもそれを生かせるそうです
それがキューを替える理由でした

キューに教えてもらう球があるのですね

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-10-28 23:51 | ポケット

semスキン用のアイコン01 To the NeXT cue semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 22日

いつものようにがっこんがっこんとセンターショットを外していると遠くからプロが近づいてきました

「0k1さんもそろそろ新しいキューに替える季節ですかねえ」

考えてみれば現在のキューはビリヤードを始めてすぐに買ったものです
カタログで一番安い、接ぎ(ハギ)細工の無いキューを選んで注文しました

後日玉屋へ届いたキューを開封したのですが、何やら違和感があります
頼んだのは接ぎの無いキューです
目の前にあるのは接ぎのあるキューです
どこでどう間違ったのか大小6剣の接ぎ入りのキューが届きました

その後、キューを替えたり、シャフトを替えたり、バットを替えたりと行きつ戻りつで、現在使っているのはそのキューです
シャフトは後から手に入れたものを細くして使っています

いろいろあって愛着のあるキューです
それを何故わざわざ替える必要があるのか、訊いてみました

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-10-22 01:05 | ポケット

semスキン用のアイコン01 キューを短く持つようになって30日目 semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 21日

グリップを前に出してから一ヶ月余り経ちました
入れはまずまずのレベルまで上達した気がします

とは言え、慎重に狙い倒さないとアサッテの方向に行くのは変わりません
むしろテンポ良く撞くいたときの精度は後ろグリップの頃の方がまだ上だと思います

そしてハードショットが課題です
3回に1回くらいの頻度でタイミングがずれて手球が右にとんでいってしまいます
センターショットであれば的球が左へ、レールブレイクであれば手球がサイドスクラッチへ向かいがちです
毎回同じように右へずれるのであればそれを見越したり、どこかを修正できるのですが……

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-10-21 23:40 | ポケット

semスキン用のアイコン01 割れた割れた semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 19日

ブレイクでボールが3個入り、順調に繋いで5番までたどりつきました
d0138260_016992.gif
5番をストップショット、7番で少し引いて、8番でもっと引けば良さそうです
と、甘い考えで5番をシュートした後で冷たい現実に直面しました
d0138260_0193879.gif
7番の振りが意外と大きいのです
これでは引いて8番に出せません

昨日までならば、ここで手球を長クッションからあまり動かさない出しを選択していました
今日からはしっかりとキューを出して撞ける取り方を選択します
ストップショットよりはやや下の撞点でやや強めに撞き、大きく手球を動かしました
d0138260_0262746.gif
まずまずの位置に手球が出ました
薄過ぎず、厚過ぎず、入れ易い左下の撞点で8番を狙えます
9番が定位置よりも球一個分フット側にあるので、2クッション目(下の長クッション)の受けも広い形です
御託をさておき、このまま8番9番と綺麗に取りきりました
記憶に無い枡割りに比べれば、5番からでも覚えているだけましです

5番から7番への出しがイメージと違いましたが、それがかえって幸いしました
その違いは8番を構えたときに判ります
初めにイメージしていた8番への理想形はこんな配置です
d0138260_0391785.gif
これはこれで引いて出せますが、先球の速度が上がるのでミスの可能性が高くなります
「ポケットは振りが大事」、その言葉の理解が少し深まった枡割りでした

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-10-19 23:10 | ポケット

semスキン用のアイコン01 痺れる球、痺れた手 semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 18日

試合中のワンシーンです
d0138260_2133484.gif
やや薄め残りです
渋めのテーブルを考えて7番で入れを優先した分のツケが8番に回ってきました
とは言え、厚み半分でしっかり下を撞いてバタバタさせれば問題なく9番に繋がります
繋がるはずです……

7番で出た弱気が8番でも顔を覗かせてしまいました
弱く撞いて8番をシュートすれば入れが固くなると、間違った思い込みに囚われました
手玉は当然9番に向かいますから、手玉を正面に当てて9番を穴前に運ぶ必要があります

8番を入れつつ手玉と9番をコントロールするのは相当難しいショットです
意識が的球から離れたままで撞いては、まず根っこの8番が入るはずもありません
d0138260_21134452.gif
相手にこの配置を渡して席に戻りました

すっかり安心して「このセットを取ってもまだ先は長いな」などと見ていたのですが……
右の短を使った空クッションで難なく8番を入れられてしまいました

弱気は負けに直結します
これはメンタルの問題でなく、自分の腕と自分の腕に対する信頼の問題です
シュート力を着けて弱気を克服する必要があります

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-10-18 21:22 | ポケット

semスキン用のアイコン01 ノーイングリッシュ舐め玉の別景 semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 17日

手玉は白の設定です
d0138260_244099.gif
赤からの箱玉も良い取り方ですが、長く外れそうな気がします
黄色からの箱玉はさすがに受けが悪いので、できれば避けたい取り方です
二重回しを詰めると良い受けが待っています
赤の右から二重回しの場合、振りが少ないので走らせるのが大変です
黄色の左からの方が走らせるのは楽に見えます

この設定を左マキシマムで気持ちよく撞いたところ3クッション目の35の付近で黄色とキスしました
学習していません
大回し(箱玉)で赤が右上の角付近にあるときも同じことをしていました
この手のキスは薄くかわすのが基本です

当てるためには、「間違って逆を撞かないための」ほんの少し順捻りのほぼ真上、やや薄めで撞く
と良いようです
先玉が遅く、手玉が早くなるので下の長クッション付近でのキスはありません
手玉が帰ってくる頃には黄色は手玉のコースから上に戻っていきます

薄く行くので力まずに撞けます
手玉が良い加減で転がれば残り玉も読めます
黄色が上辺中央付近、赤が左下角、白が下辺左から1ポイント~1ポイント半でしょうか
赤の左で裏回しやテケテケ、マイナスながら黄色の左の小箱などがありそうです

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-10-17 03:06 | キャロム

semスキン用のアイコン01 ノーイングリッシュ舐め玉の一様 semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 16日

手玉は白の設定です
d0138260_2241919.gif
黄色の左から大回し(箱玉)です
長く外れがちな設定なのでなんとか短くする工夫が必要になります
これを詰めるには真上のノーイングリッシュで薄く舐めていくと良いようです
薄く薄く、ノーで撞くと驚くほど詰まります

この設定では薄過ぎると黄色と手玉のキスが見えます
やや厚みを確保して黄色を走らせるところでしょうか

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-10-16 23:22 | キャロム

semスキン用のアイコン01 枡割りの難しさ semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 15日

ブレイクから入れ繋いでこの配置です
d0138260_1361310.gif
少しずつ苦しくなってきて、6番から7番への出しでついに一杯々々になりました

これはカットに行くかバンクに行くか迷います
入れだけならバンクの方が率が良さそうですが、8番が更に苦しくなりそうです
カットは入れが大変ですが、力加減が合えば8番に出せそうに見えました

試合を想定した相撞きならば、ここではセイフティを考えるべきところです
しかし枡割りの魅力が勝り、入れを最優先でバンクショットにかけました
レールからのバンクショットは7番の正面からやや左にあたり、7番は長外れです
手玉は見事な押し殺しで上の長クッションにビッタリと止まりました

枡割り達成ならず、と肩を落としていると相手から
「連枡失敗ですね」
と声がかかりました
はい?
どうやら前のラックで枡割りを出していたらしく、2連マスがかかっていたようです
折角の枡割りですが、配置どころか取りきった事すら覚えていません
先日も1番から9個取りきったのを後になって気がついたりで、何やら不思議な感覚です
(ブレイクノーインで相手1番ミスからの取りきりなので無理やり言えば裏々枡になるのでしょうか)

外した7番を振り返ると、押し殺しで8番が9番に隠れる事を避けるには右捻りが良さそうです
上の長クッションで噛んで右に転がれば8番の狙いが残ります

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-10-15 01:56 | ポケット