まいばんビリヤード

p504.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2008年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 200809 semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 30日

G31H4A303
[PR]

by m_0k1 | 2008-09-30 23:59 | キャロム記録

semスキン用のアイコン01 短くして良かったこと悪かったこと semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 28日

キューを短く持つようにして二日目です
前回はほんの少し転がしただけでした
今日は長く撞けたので色々な面が見えてきました

まずキューが長く引けるのでスピード感がわかり易くなります
沢山引いて速い球を撞き、少し引いて遅い球を撞くという撞き分けができます
同じ理由でキュースピードも上がり易くなるようです
まだ運動神経や筋肉が順応してないのかハードショットのタイミングが合いませんが、手応えはありました

方向性はやはり多少落ちた気がします
インパクトの時にグリップからレストまで1100mm程度の長さが1000mm程度まで減りました
同じ量のコジリで撞いたときに、手球の逸れが1割り増しになる計算です
素振りでタップを手球に近づけたときのグリップの位置・肘の位置を体に覚させれば、或いは改善するかもしれません
要するに練習すれば良くなりそうです

今日は途中からくしゃみが止まらず大変でした
風邪の予感がします

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-09-28 23:40 | ポケット

semスキン用のアイコン01 初球の呪い semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 27日

見慣れた設定で手玉は白です
d0138260_233820100.gif
あろうことか、これを5回連続で外しました
連続で4回長く外れ、最後の1回は短く外れて大乱調です

撞点は変えていないので、厚みと強さと捻りのノリがその度に違うということです
この設定の難しさは、「押さなければ安定しない」のと「押してはいけない」という矛盾した要素が同居していることにあります
強めに撞いて手玉の押しのカーブを少し遅らせると安定するようです

べからず集を記録しておきます
・リズムが乱れたときにそのまま撞かない
・薄すぎだけは絶対に避ける
・気持ちよく押さない
・気持ちよく捻らない
・殺しすぎない
・置いたりしない
・ポコンと撞かない
・悪い形が残ってもイライラしない
・裏撞きの初形を当てた後に白玉を撞かない

いろいろと大変です

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-09-27 23:54 | キャロム

semスキン用のアイコン01 プロテイン・クッキー4 semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 20日

前作から二ヶ月ほど経ちました
まだ納得の行くものが焼けてないので再挑戦です

材料
・ベーキングパウダー 2g
・ココアパウダー    4g
・砂糖          10g
・薄力粉        10g
・プロテイン      50g
・バター         20g
・鶏卵          1個
手順
1.ベーキングパウダーとココアと砂糖と小麦粉とプロテインを混ぜた後、何回か篩(ふるい)でふるいます
2.バターを電子レンジで7割~9割くらい溶かします
3.卵を2.に割り入れてよく混ぜます
4.1.に3.を少しずつ混ぜながら、練り、捏ねて行きます
5.大きな団子状に丸めた4.を包丁で適当な個数に切り分けます
6.それぞれを厚さ1cm程度に伸ばして、オーブンで150℃15分程度焼きます

味に変化させるつもりでココアパウダーを使ってみました
色がはっきりとココアっぽく変わりましたが、味は微妙な変化です

ベーキングパウダーと薄力粉のおかげで焼き上がりの固さは良い感じになりました
この雰囲気なら常温になってもまずまずの軟らかさを保つでしょう
プロテインクッキー、まずまずの成功です

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-09-20 13:48 | 食べ物

semスキン用のアイコン01 前に進んだグリップ semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 18日

グリップの変更に悪戦苦闘中です

プロからマンツーマンのフォームチェックを受けて、どの位置が良いか見当しました
もっと前、もっと前、と言われるままに前に進んで行きます
変更前と比べて95mmから100mmほど前進したようです

あの、これ、とても違和感があるのですが……

・肘の畳み込みが上手くいかず、フィニッシュで肘が下がります
・同じ理由で肘が左右にぶれます
・グリップが胸に当たるため、つっこめません

胸問題を解決する方法は簡単です
クローズドスタンスにすれば顔の位置はそのままで自然と胸が上がります
逆に両足や腰を手球の方向に向けると、胸が下がってきてグリップと干渉します

肘問題を解決する方法はわかりません
意識としては肘や肩は、手球の反対側つまりグリップエンド側に引っ張ってやると良いはずです
あとは練習あるのみ、でしょうか

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-09-18 23:30 | ポケット

semスキン用のアイコン01 プロからの一言 semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 17日

なかなか上達しないビリヤード、悩みをプロにぶつけてみました
「今すぐにどこを直すべきでしょうか」

回答が即座に返ってきました
「グリップ位置を前にしなさい」

肘が直角になったところが理想的なインパクトだと言われています
現状のグリップでは肘がまだ鈍角のときに手球を撞いてしまっているようです
助走距離が短いのでキュースピードが上がり難いという弊害があります

後ろを持つメリットは、コジリの影響が少なくキューがぶれにくいことだと考えています
しかしキュースピードが必要なときに力むことになり、そのメリットが相殺されます

ビデオや鏡を使ってグリップとフォームを修正していく予定です

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-09-17 00:28 | ポケット

semスキン用のアイコン01 次は引きで semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 16日

59でこんな配置になりました
d0138260_543681.gif
9番はサイドに狙いたいところです
バンクでサイドにとると、手球をヘッドまで運ぶのが大変なので採用したくありません
サイドを直接狙う場合は左上のスクラッチが見えます

入れの成功確率はどちらも低く大差ないように思いました
ツー出しが楽なのは直接狙う方ですから、こちらを選択します

さて
問題はコーナースクラッチをどうかわすかです
結果から言うと、左上の撞点でスパンと撞いて左上ポケットにスクラッチしました
9番は手前の角に入りカコカコで外れです
手球は見事なまでに真ん中からスクラッチしたのでショットのミスでなくて選択のミスだとわかります

諺に押して駄目なら引いてみろとあります
次の機会には右下を撞いてドローでスクラッチをかわせるか試します

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-09-16 06:09 | ポケット

semスキン用のアイコン01 新生シャフト semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 14日

テーパが変わって生まれ変わったシャフトを使ってみました

細く削り込んだ部分の表面がザラザラしていて多少違和感があります
240番の紙やすりの仕上げでは荒残しのようです
使い込んで行けば手に馴染んでくるでしょうからこのまま様子をみることにしました

おや? 入りません
シャフトを変えると捻ったときのトビの見越しが合わないということはありますが、そんなレベルではありません
ポケットにシュートすることに専念しても的球は明後日の方向に行ってしまいます

そういえば3週間ほどポケットを撞いていなかった気がします
ポケットの練習をする時間を確保して、改めて新生シャフトの評価をしていきたいと思います

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-09-14 09:40 | ポケット

semスキン用のアイコン01 シャフト旋盤8 semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 13日

シャフト加工の為に旋盤っぽいものを作りました
シャフトを固定するネジは「3/8インチ10山のネジ」、所謂「ジュリオネジ」を採用しています
手元のシャフトの半分くらいがこのネジです
他のシャフトの固定ネジもどこかで調達する必要があります

以前から中ほどが太くて気になっていたシャフトをシェイプアップしてみます
d0138260_19445174.gif
シャフトの全長は750mm程度です
赤い線が太いシャフト、青い線が使い慣れたシャフトです
ノギスで実測して、先角(さきづの)の先端から200mm~450mm程が太い事がわかりました
これを「くろまつ」にセットして紙やすりを手でかけます

手で回しながらシャフトを細くすると、太さの確認がどうしても面倒です
先角に合わせてメジャーを置いておくと、削る場所の目安ができます
シャフトとメジャーが固定してあると、両手が空くのでノギスで太さを測るときに楽です
回す、削る、止める、測る、回す、削る、止める、測る、とテンポ良く進めていきます

80番……傷が入るばかりで全然削れません
120番……削れるのですが、遅い上にやはり傷が入る感じです
240番……良く削れる上に、そのまま使えるくらいの良い仕上がりです

240番くらいが削り量、仕上がりのバランスが取れています
つるつるで奇麗に仕上げるにはもっと番手が大きい紙やすりの出番もあるでしょう
表面が多少荒くても気にしない場合は、240番一発仕上げでいかがでしょうか

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-09-13 19:29 | 工作

semスキン用のアイコン01 松茸ご飯 semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 12日

ひょんなことから松茸を手に入れました
焼いて食べると手間は無いのですが、あっという間に食べ終わってしまいます
ここはじっくりと食べられる松茸ご飯に挑戦です

材料
・松茸    3本
・米      3合
・押し麦   1合
・油揚げ   1枚
・人参    1/2本
・蒟蒻     1/2枚
・砂糖     大さじ3
・醤油     大さじ2
・サダラ油  小さじ2
・レモン汁   少々
・パック出汁 一袋

手順
1.米は研いで炊飯器へ、押し麦も炊飯器へ、油揚げ、人参、蒟蒻を適当に切り炊飯器へ入れます
2.茶碗1杯ほどの水にパック出汁を入れ、電子レンジでチンします
3.松茸をカサを上にして水をかけて洗います
4.松茸の石突きを包丁でささがきに落とします
5.2本は適当に切り炊飯器へ入れます
6.2.とその他の調味料を炊飯器に入れて水加減します
7.軽く混ぜてから炊飯器で炊きます
8.休憩します
9.炊き上がりに合わせて、松茸の残りの1本を網などで丁寧に焼きます
10.炊けたご飯を混ぜ、そこに9.を裂いて載せて更に蒸らします

秋の味覚、美味しゅうございました

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-09-12 23:20 | 食べ物