まいばんビリヤード

p504.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 200805 semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 31日

G57H4A246
[PR]

by m_0k1 | 2008-05-31 23:59 | キャロム記録

semスキン用のアイコン01 意外と安定しません semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 30日

手玉は白の設定です
d0138260_16575573.gif
赤の右から簡単な裏回しに見えます
一見簡単に見えますが、意外と安定しません。
やや詰めて「直接」か「上から」で取る場合は、左下の撞点を使います
この引き加減が難しいようです
左上の肩を撞くと自然に長くなります
4クッション目を右の短クッションに入れて、「下から」取ると安定します

手玉が安定しないと、広い受けが相殺されてしまいます
安定するコースと広い受けの組み合わせで万全です
[PR]

by m_0k1 | 2008-05-30 17:13 | キャロム

semスキン用のアイコン01 やり残し課題 semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 18日

今日までにやり残した課題です

*玉1つ
**長の1クッションをノー、ファイブ、マキシマムで
*玉2つ
**切返しのキスかわし

他はいろいろ試したので何とかなるかと思います
[PR]

by m_0k1 | 2008-05-18 08:56 | キャロム

semスキン用のアイコン01 実は絶好球 semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 14日

手玉は白でプロとのスパーリング中の設定です
d0138260_3345824.gif
初めに見えたとり方は、黄色の左に厚く当てて引きの縦箱です
4クッション目を下の長クッションにとり、「上から」赤に向かわせます
度胸の必要な玉です

次に黄色の右から表回しですが、厚みや撞点に敏感で収束し辛い玉です
赤の右から表回しも、収束し辛い上に受けも一点しかない難しい玉です
赤の左からplus twoは、2クッション目から押しの回転で短くするのですが、コントロールが困難です

プロの選択は黄色の右から切返し二重回しだそうです
手玉が一旦マイナスに走り、左の短クッションの真ん中付近に入れば1点になります

手玉が玉1個上で赤が1ポイント下ならば二重回しが見えるかも知れません
そこからの応用が肝要です
[PR]

by m_0k1 | 2008-05-14 03:50 | キャロム

semスキン用のアイコン01 緊急練習課題 semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 12日

週末までの練習課題です
*玉1つ
**ファイブアンドハーフ20~35出発
**セブンシステム
**ノーイングリッシュ長クッション角システム
**長の1クッションをノー、ファイブ、マキシマムで
*玉2つ
**テケテケ
**8の字
**切返しのキスかわし
*玉3つ
**初球
[PR]

by m_0k1 | 2008-05-12 05:46 | キャロム

semスキン用のアイコン01 マッセ!!!!!!!! semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 11日

手玉は白で、この設定です
d0138260_4584054.gif
全く方針が見えません
困りました

黄色の左から当てていくと2クッション目が左の短クッションに入りません
黄色の右から大回し(箱玉)は撞いた瞬間にリク(二度撞き)です
空クッションも中々良い取り方がありません
困った末に黄色の右から箱玉で行くことにしました
そのまま撞くと当然、リクになってしまうので工夫が必要になります

マッセです

撞きました

ラシャに穴が空きました

図を眺めながら考えるに、上か下の長クッションに向かって撞き、黄色に載っける取り方がありそうです
上の長-黄色-下の長-左の短(-上の長)-赤
下の長-黄色-左の短-上の長-赤
前者は受けが良いのがメリットですが、左捻りが必要なので2クッション目以降の逆捻りが心配です
後者は受けは普通程度ですが、黄色が近いため狙い易いのと、順捻りを使えるのがメリットです

後悔先に立たずとはこのことです
今日から一年間、マッセは自粛します
[PR]

by m_0k1 | 2008-05-11 23:59 | キャロム

semスキン用のアイコン01 高得点者からの指摘2 semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 10日

ここ何ゲームか、かなりの不調が続いています
自分で原因がわからず困っていたところ、相撞きの高得点者からの指摘がありました

「最後の一振りのタイミングが早くて小さい」

バックスイングを大きく取るか、小さいままの場合は1回止めて「貯め」を作ると良いようです
次のゲームからはモアがかかり、ランも出るようになりました
流石の眼力で、将に快刀乱麻を断つが如しです
[PR]

by m_0k1 | 2008-05-10 01:38 | キャロム

semスキン用のアイコン01 高得点者からの指摘 semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 04日

9ボール、スリークッションと立て続けにハウスの試合がありました
両方とも惨敗して失意に沈んでいると、高得点者からのアドバイスが……

「爪を切れ」

レストを作る手の人差指の爪が少しでも伸びていると良くないということです
そう言えば朝一番で爪を切った試合では良いところまで行きました
そのときも同じ方からの同じアドバイスです
なるほど、なるほど
爪一枚、ゆめゆめ侮るべからずです
[PR]

by m_0k1 | 2008-05-04 11:03 | キャロム

semスキン用のアイコン01 二重回しの狙い方 semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 03日

手玉は黄色でこんな設定が巡って来ました
d0138260_1112460.gif
さて、どうしましょう

赤から行った方が楽な設定です
場所が場所だけに撞きにくいので、赤の右は避けた方が無難に思えます
結局赤の左から表回しで始めて、二重回し気味に取ることになります

ここで60-50=10のラインが有力です
60は左の短クッションの60、50は下の長クッションの50、10は上の長クッション(4クッション目)の10です
60出発なので多少長めに出るのをケアします
・4クッション目の手前で捻りが解ける力加減で撞く
・60-53=7程度のラインに載せる
・やや上の撞点にして2クッション目から3クッション目の間で縮める
今回はラインで調整してみました
赤に1/3程度の厚みでスパッと撞いて、左捻りで2クッション目を長の3ポイント辺りに入れます

設定を少し変え、白を下の長の左から1ポイントに移動させても同じラインが使えます
二重回しの狙い方が少し見えてきました
[PR]

by m_0k1 | 2008-05-03 23:59 | キャロム