まいばんビリヤード

p504.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:ポケット( 187 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 撞点 semスキン用のアイコン02

  

2014年 01月 24日

撞点を探るな

d0138260_0304341.gif




にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2014-01-24 00:30 | ポケット

semスキン用のアイコン01 迷い semスキン用のアイコン02

  

2014年 01月 17日


出しが難しいときはなあ


入れに集中すんだよ


d0138260_026557.gif


にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2014-01-17 00:19 | ポケット

semスキン用のアイコン01 引きじゃない semスキン用のアイコン02

  

2014年 01月 11日

店で一番強いプレイヤとの試合
こんな配置が回ってきた
d0138260_0264929.gif
やる事は一つ
左を撞いて回して出す
d0138260_0282888.gif
しかしこの強さが合わず
d0138260_0462327.gif
やや厳しい配置になった
ここで全く時間をかけずに答えを出した

撞点は左下
短-長と引いて、左捻りで7番に近づける・・・
そんな狙い

そして
d0138260_0463847.gif
この結果となり、不満足

帰りの電車で別の出しを考え直してみた
5番のカコカコや、手球の押し抜きスクラッチが怖くて選択から外したが、やはりこれしかないだろう
d0138260_0502772.gif
右上ギュン
確かに入れは引きの方が安定する
安定はするが、やはりこの配置は取り切りたい
取り切る為の選択はこっちだろう

追記
5番への出しが合わなかった理由は、クッションのへたりを読み落としていたせい
実際の7番を薄抜きした理由は、体と手球が離れたまま構えに入ったせい
二点共に改善可能なので何とかしたい

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2014-01-11 00:54 | ポケット

semスキン用のアイコン01 大胆な出し semスキン用のアイコン02

  

2013年 04月 21日

緊迫した場面でのこの配置
d0138260_1357484.gif
腕が縮んだ状態では、なかなか細かいコントロールは難しい

例えば細かい出しと言うと、こんな感じか
d0138260_1403484.gif
力加減が正しければ捻りや引きは多少ばらついても大丈夫
しかし、その力加減が難しい

入れは問題なさそうなので、こんな大胆な出しはどうだろうか
d0138260_1443929.gif
二重回しをやや抑えて途中で止めると良い所に出る
撞点やストロークが非常に簡単なので、ちびった時にこそ使えそうな出し

上のサイドスクラッチを気にしたら負け
気持ちで勝とう

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2013-04-21 14:12 | ポケット

semスキン用のアイコン01 オーバーヒート semスキン用のアイコン02

  

2013年 04月 19日

フリーボールで回ってきた配置
どこに置いて、どう出すべきか
d0138260_223399.gif
広く広く見ると可能な手段は3つ

1.
d0138260_254460.gif
狭い所を通す

2.
d0138260_251720.gif
広いところを通す

3.
d0138260_263341.gif
もっと広い所を通す

手球の位置によってどれもが候補になりうるだろう
しかしフリーボールである
答えが全くわからない
疲れた頭が考えることを拒否してしまった

A級に答えを聞いてみた
d0138260_2132659.gif
「7番の上あたりで手球を長クッションに入れる
右の捻りで出す
やや下の撞点だが、ほとんど引かない」

だそうだ

厚みは1/3程度だろうか、ほんの気持ちだけ、出しにプラスな場所に手球を置くのが良いらしい
プラス過ぎると薄くなるので入れも出しの力加減も難しい
マイナスだと割れない引きが必要になり、撞点も力加減もストロークも難しい

引き過ぎないのも大切だ
ちょい引きだとサイドポケットの角が匂ってくる
やや引きだと右上のコーナースクラッチが匂ってくる
出そう出そうと頑張ると無駄に引いて、出しを失敗してしまう

疲れた脳のオーバーヒートによって判断ができなかったとしておこう
頭がすっきりしていたら、この位は一目で判断できたさ!

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2013-04-19 02:22 | ポケット

semスキン用のアイコン01 一球入魂 semスキン用のアイコン02

  

2013年 03月 22日

先日のこの出し
d0138260_2372473.gif
素晴らしい出しを決めたそのあとで、実はこの8番を外してしまった
9番への出しを意識して、下の撞点でしっかりしたストロークを使ったのだが

この9番はテーブル上のどこからでも入れられる
ということは8番からはスクラッチしなければ、どこに手球を出しても構わない

こんなときの8番を入れる心構えを探してみた
9番だと思って撞く
意外と良いかもしれない

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2013-03-22 00:58 | ポケット

semスキン用のアイコン01 ポケットあれこれ semスキン用のアイコン02

  

2013年 03月 11日

こんな貰い球
d0138260_2371310.gif
カット、ひっかけ、バンク、いろいろ取り方はありそう
出しが安定するのは、やはりカットだと思う
縦バタが普通だが、ちょっと悪戯心が出て、こんな出しを試みた
d0138260_2372473.gif
表回し・縦箱と呼ばれる手球の動き
これがイメージ通りに走って今日一のショットとなった

別の配置
やや出しが走り過ぎて不安の残る9番
d0138260_237316.gif
厚みは1/2よりもはっきりと厚い程度である
この形は100%引きだと思っていた
d0138260_2374320.gif
しかしこれは長年の勘違いであったらしい
上級者2人から駄目出しを貰った
d0138260_2375360.gif
イレイチなら押せ
しかし、押しとなると厚みがボヤけて良くわからない
要するに経験不足・練習不足で厚みを知らないのだろう
これは今後の課題になりそう

課題と言えばこの配置
d0138260_238238.gif
これも半分よりも若干厚い
これが苦手な配置らしいので、練習しなければならない
ちなみに厚く外す事が多い
弱めに撞いて薄く外せば渋め残りだが、厚く外すと救われない形が残り易いようだ

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2013-03-11 00:48 | ポケット

semスキン用のアイコン01 基本の基本 semスキン用のアイコン02

  

2013年 03月 06日

顔をキューの真上へ
つい利き目にひきずられるが、やはりキューは顔の真ん中が基本
真ん中にくると、それまで休んでいた反利き目のピント調整機構と、画像認知する大脳皮質が強く刺激される
この感覚を体に染み込ませる

グリップは強くなく隙間なく
キューが横に曲がる最終作用子はグリップであり、具体的には掌と5指である
左右から強い圧力があれば、そのバランスは崩れやすい
滑らないぎりぎりの限界まで掌と5指の圧力を落とす
グリップが弱いままキューを前に強く振れば、グリップが滑ってしまう
ここの対策が重要である
「キューの最大加速度を抑え、ゆっくり振る」ことが正しい
「キューをしっかり加速させるために、グリップを強く握る」ことは間違い
最後のバックストロークからの流れで、キューの前方への加速度は、平坦である事が望ましい
どこかで極端に強くなったり弱くなったりしないよう、滝が落ちるような滑らかな加速が理想形である
グリップとストロークは密接な関連がある
この感覚を体に染み込ませる

素振りと本撞きを滑らかに
素振りのときは滑らかでも、最後のバックストロークでリキんでしまう事が多い
体側に巻き込んでしまう、上に引き上げて体にこすりつけてしまう、などの悪癖がある
素振り無しで一回引きで撞く練習が矯正に役立つかも知れない
いずれにしても、最後のバックストロークは素振りと同じようにリキまず、大きくゆっくりと引く
この感覚を体に染み込ませる

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2013-03-06 00:11 | ポケット

semスキン用のアイコン01 フリーボールからのライン出し semスキン用のアイコン02

  

2013年 03月 01日

部分図だが、こんなフリーボールが回ってきた
d0138260_1473566.gif
1番から2番への出しが少し嫌らしい

素直に一番近く広いポケットを目指すとこうなる
d0138260_1582497.gif
確かに素直だ
が、ライン出しで無く、引きと弾きの加減が繊細で難しい取り方だと思う
そして厚みも少し嫌らしい

こんなときはクッションを使うと楽になる
d0138260_1583834.gif
厚く置くと入れが安定するが、出すために適度な左捻りが必要になる
画像よりやや薄く置いてノーイングリッシュという取り方もあるだろう
なによりライン出しなので安定する

ビバ!ライン出し

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2013-03-01 02:01 | ポケット

semスキン用のアイコン01 ひっかけ semスキン用のアイコン02

  

2013年 02月 28日

こんな配置
d0138260_0115076.gif
的球はポケットから1ポイント、手球は的球から3ポイントと、比較的コンパクトだ

もっとも素直な取り方はカットになるだろう
……
と思ってカットに挑むも10球撞いて10球が外れた
これは相性が悪いようだ

バンクはある
キスがわしは簡単では無いが、逆を捻って渾身の力で厚み2/3程度に撞くとかわし易い
しかし、大抵は躊躇してしまい9番は長く外れる
これも相性が悪いのだろう

最終選択としてひっかけが残る
これは人によりけりだと思う
カットが入る人はカットでいいし、バンクが入る人はバンクがいい
もちろん、それぞれ練習しておく価値はある
そしてそれらを練習してもなかなか上達しない場合にひっかけも考えてみたらいかが? となる

ひっかけ
弱く撞いたら始まらない
きっちりとしっかりと撞く
強さの目安は、ばたばたさせたときに上の長-下の長-上の長と入って次の下の長に届かない程度
クッションから薄く入れば手球は短へ
クッションから厚く入れば手球はばたばた
その中間は一発スクラッチ
中間を避けるには、どちらかに決める必要がある

短へ入れる、つまり回す場合はマキシマム左捻りに若干の上を入れてはっきり空振り
長クッションのバタバタの場合はマキシマム左捻りに1タップの下を入れてやや空振り
両方使えると出しのバリエーションが増える

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2013-02-28 00:31 | ポケット