まいばんビリヤード

p504.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:麻雀( 3 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 行くか戻るか semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 28日

年末につき休みに入った人々から麻雀に誘われました
5順目で国士無双に振り込むという厄払いに恵まれ、来年はいい年になりそうです
攻め時と守り時を間違えてトップを逃した半荘が2回ほどありました
行くか戻るか、その判断が大切です
[PR]

by m_0k1 | 2007-12-28 23:59 | 麻雀

semスキン用のアイコン01 心がけたいこと semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 26日

麻雀を自動卓で打つときのマナーのようなものがあります
点箱を閉じる
点棒を数えて持ち点を表示する自動卓では点箱をちゃんと閉じておかないと、その機能が働きません
安易に開きっぱなしにせずに点棒のやり取りの後には速やかに閉じたいところです
卓内への落下
手積み卓と違い、自動卓では卓の何箇所かに大きな穴が空くので卓上の小物が失われ易いのです
一つは起家マーク
これを何かの弾みで卓の中に落とすと回収が面倒です
一番気をつけたいものは点棒
自動卓の中には、点棒が卓内に入っても機械が止まったりせずに自動的により分けるものがあります
とは言え、その点棒が誰のものか覚えておかなければならず、その間は持ち点の表示も狂うわけです
点棒の支払いは、山牌が上がってくるゾーンよりもプレイヤー側に置けば間違いありません
上家、下家ならば比較的広いコーナーゾーンを使えば良いでしょう
対面に対しては中央のサイコロゾーンを使える場合があります

自動卓に限らないマナーは言うに及びません
マナーは「お互いが気持ちよい」ためだけでなく「効率的な進行」のためにも励行したいものです
[PR]

by m_0k1 | 2007-12-26 16:58 | 麻雀

semスキン用のアイコン01 メンタンピン一発ツモ表一赤一 semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 24日

1年ぶりに麻雀を打ちました
怒涛の勝ち頭が一時200浮きを超える荒波の中、結局3の沈みで済んだのは運のおかげです
いくつかのミスがあったので戒めの為にメモしておきます

1.
赤5赤⑤赤五、各一枚入りのルールだったのに、67二三の形から67を切り、結果赤5を捨てました
2.
四暗刻の聴牌時、立直に対して①①①②④の形から②を打つ決心をしていたのに④を打って①-④につかまりました
3.
断么の聴牌時、②④⑥から⑥を切り、その後の⑦の自摸切りで打ち込みました
4.
七対子の聴牌時、親の染め手と、子の立直で、高いと判明している親の色を打ってつまかりました
5.
牌姿を失念しましたが、四七いずれを切るかで四の安全度が高いにもかかわらず七を打って見えている染め手の辺七萬待ちにつかまりました
6.
南場で染め手の字牌一副露に対して南を易々と鳴かせ、親満貫自摸をトスしました

最終局面の選択ミスは負けに直結するので、トレーニングで鍛えて行かねばなりません
ファインプレーを目指さず、着実なプレーを心がけたいところです
[PR]

by m_0k1 | 2007-12-24 20:14 | 麻雀