まいばんビリヤード

p504.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 革巻き5  もう一度巻く semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 21日

革巻きの依頼がありました

一回目の切り出しと巻きは失敗でした
継ぎ目に隙間ができてバットの木地が見えるようではお話になりません
革がほとんど伸びない事は判りました
それを頭に入れて、もう一度やり直しです

まず紙の型を参考にしますが、外に5mm程度の余裕をみます
上下、左右で型紙よりも10mm大きくしました

ここで革を溝に巻いて余計な長さを計測します
キューの上で作業するのはやはり怖いので、平らなところにで革の大きさを調整します

型押しの模様の天地方向を慎重に合わせてカッティングシートに置きます
先ほどの計測から0.5mm程度の余裕を見て切断しました
もう一度、革を溝にあてがって最終確認です
次の裁断が最後のカットになります

ここからはモノサシは使わず、目分量で切っていきます
また、切り落とす革が細くなると、本体が刃物で引っ張られて変形する量が増えます
頑丈な定規や良く切れる刃物が便利です

左右は定規で切りました
上下のRは……
適当な曲線定規が無いので多角形近似です
バッドエンド側、凸多角形の場合は定規を当てなおしてズバズバ切っていきます
ジョイント側、凹多角形の場合は切断線の末端を慎重に合わせて……
少し失敗しました

円弧を綺麗に切るにはフリーハンドの方が良いのかも知れません

ここまで慎重に切った革はさすがに溝にぴったりはまります
前回と同じ手順で革を貼りました

なんと言えばいいんでしょうか
とりあえず継ぎ目が見えないくらいの完璧な出来栄えです
これが1本目の革巻きとは思えないほど素晴らしく巻けています

ささいな、そして重大な、とある失敗を除いて、ですが

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2008-12-21 20:30 | 工作