まいばんビリヤード

p504.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 今日一のショットだね semスキン用のアイコン02

  

2008年 04月 09日

相手が換わりましたが、やはりきつ目の相撞きの中の配置です
d0138260_9335458.gif
手球が2つありますが、左側は1番から2番の出しのイメージで、右側がブレイク後の本当の手球の位置です

1番は厚み半分程度で上のサイドポケットが狙えますが、かなり嫌らしい角度です
そして、そのまま上のサイドポケットに取るとなかなか2番に出ません
5番が邪魔をしてわずかに全厚が取れないのですが、強く正面近くに当てれば、バンクで下のサイドポケットも狙えます
そして、2番に出すには猛烈な押しぬきか、猛烈な引きから針の穴を通す精度が必要です

バンクショットで自然に出ないのでしたら、直接ポケットを狙う方に分があります
しかし2番が遠く見えます
1番を上のサイドポケットに取り、手球を上の長クッションから回すと3番に捕まりそうです
同じく1番を上のサイドポケットに取り、手球を右の短クッションまで引くと……
見えてきました
左捻りで1番-右の短-上の長-下の長-左の短の出しです
最後の2クッションを使わず弱く撞く選択もありますが、コースがぼやけてしまいます
ここはしっかり撞くことにしました

いざ厚み半分で構えてストロークしてみると何か変です
薄抜きのイメージしか持てません
頭を無にして、体の持つイメージで構えると、今度は厚抜きに見えます
こんなときはキューと体を信頼して撞いた方がうまく行く物です

キューの飛びを見越して厚めで撞いた1番は、それでも尚薄め一杯からサイドポケットに飛び込みました
ポケットの奥で3回ガコガコしてリターンレールへ姿を消していく1番
そしてドロー回転で右上のコーナーポケットを手前にかわす手球
そこから左捻りで2番へに転がっていく手球には自信さえ感じられます
果たして手球は画像に示した位置にぴたりと止まりました

なかなかに気持ちい良い球を撞けました
それを見て相手から出た言葉がそのまま今回のタイトルです
[PR]

by m_0k1 | 2008-04-09 23:59 | ポケット