まいばんビリヤード

p504.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 続大回し semスキン用のアイコン02

  

2008年 01月 27日

大回しの続きです
d0138260_8271965.gif

厚み1/2、撞点は右の肩で黄色に向かってしっかり撞くと、1クッション目は上の長クッションの10に入ります
これを five and half で考えます

上の長クッションの10と黄色を結んで延長すると、下の長クッションの70を通ります
つまり、45-10=35となって、4クッション目は左の短クッション上から1ポイントです
これでは長すぎて外れです
計算では外れるのですが、実際に撞くと当たります
3クッション目が30に入るところから逆算すると、 40-10=30で4クッション目は左の短クッション上から0.5ポイントです
これで当たりです
押しのカーブにより、キュー位置が5、つまり1ポイント分ずれることがわかります

押しのカーブで考えると、
先玉が1クッション目に近いときはキュー位置が1ポイントずれます
先玉が2つの長クッションの真ん中、ロングライン上にあるときもキュー位置が1ポイントずれます
先玉が1クッション目から離れているときはキュー位置が1.5ポイントずれます

five and half のシステムでは、
キュー位置が1ポイントずれると、3クッション目が1/2ポイントずれます
キュー位置が1ポイントずれると、4クッション目が長クッションの場合、1/2ポイントずれます
キュー位置が1ポイントずれると、4クッション目が短クッションの場合、1/3ポイントずれます

なんとかシステムになりそうです
[PR]

by m_0k1 | 2008-01-27 08:57 | キャロム