まいばんビリヤード

p504.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 基本の基本 semスキン用のアイコン02

  

2013年 03月 06日

顔をキューの真上へ
つい利き目にひきずられるが、やはりキューは顔の真ん中が基本
真ん中にくると、それまで休んでいた反利き目のピント調整機構と、画像認知する大脳皮質が強く刺激される
この感覚を体に染み込ませる

グリップは強くなく隙間なく
キューが横に曲がる最終作用子はグリップであり、具体的には掌と5指である
左右から強い圧力があれば、そのバランスは崩れやすい
滑らないぎりぎりの限界まで掌と5指の圧力を落とす
グリップが弱いままキューを前に強く振れば、グリップが滑ってしまう
ここの対策が重要である
「キューの最大加速度を抑え、ゆっくり振る」ことが正しい
「キューをしっかり加速させるために、グリップを強く握る」ことは間違い
最後のバックストロークからの流れで、キューの前方への加速度は、平坦である事が望ましい
どこかで極端に強くなったり弱くなったりしないよう、滝が落ちるような滑らかな加速が理想形である
グリップとストロークは密接な関連がある
この感覚を体に染み込ませる

素振りと本撞きを滑らかに
素振りのときは滑らかでも、最後のバックストロークでリキんでしまう事が多い
体側に巻き込んでしまう、上に引き上げて体にこすりつけてしまう、などの悪癖がある
素振り無しで一回引きで撞く練習が矯正に役立つかも知れない
いずれにしても、最後のバックストロークは素振りと同じようにリキまず、大きくゆっくりと引く
この感覚を体に染み込ませる

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2013-03-06 00:11 | ポケット