まいばんビリヤード

p504.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 スロー semスキン用のアイコン02

  

2011年 07月 28日

部分図ですが、この4番を右下のコーナーへシュートします
d0138260_0442846.gif
いわゆる「への字」の配置です

何球か続けて厚く外したので、スローの量を調べてみました
古来よりイメージボールの場所に的球を置くことで、厚みをスタティックに設定できます
3番と4番をタッチさせながら、中心を通る線が右下のコーナーポケットを通るように置くのがポイントです
d0138260_0483583.gif
更に念を入れる方法として、もう一つ別の的玉を用意する場合があるそうです
仮にそれを2番とすると、2番は3番にタッチさせて、手球・2番・3番が直線になるように置くようです
今回は3球だけで調べました

何度撞いても、4番はシュートできません
最も大きく外れた場合で、短の0.5ポイント程度に向かいます
通常の力加減で短の0.3ポイント程度でしょうか
普通のテーブルだと角にもかかりません

画像から、このスローの量を計算してみました
細かい計算は省いて、0.5ポイント外れたときの角度のズレは約4.6°になります
強めに撞くとこれがぐっと減って3°程度になるようです
手球がラシャから跳ねるような撞き方だと更に減る傾向があり、薄く外れる場合もあります

強さによって見越しを変えなければ入りません
練習あるのみです

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2011-07-28 01:08 | ポケット