まいばんビリヤード

p504.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 骨で撞く semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 21日

真っ直ぐ撞くためにはキューは顎の下を通るといいようです
両目を対称に使うことになります
日によって、また個人差によって左右の見え方が違ったりもしますが、それで慣れてしまいました

ところがです
強く撞くとどうしても、右に左にぶれてしまいます
一定していれば対処もできるのですが、左右ランダムな感じです
これは何でしょう?

センターショットで顕著ですが、何球かに一球、または何十球かに一球、それが着ます
どんなに強く撞いてもポケットど真ん中にシュートの予感です
そんなときはmax100%のハードショットでも予感通りに的球がポケットします
これは何でしょう?

いろいろ試していますが、軸足の位置が重要そうです
軸足の踵がキューの真後ろ真下にあるときに、体が一番ブレないのではないでしょうか
これが第一ポイント
踵骨-距骨-脛骨-大腿骨-寛骨(骨盤)のラインです
この骨のラインで腰を安定させるのが第二ポイント
そして最後が、レストを組む手だと思います
軸足とレストを組む手にしっかり体重を乗せるのが第三ポイント

強い球を撞くにはこの三つのポイントが基礎になるというのが今のところの仮定です

にほんブログ村ランキングバナーにほんブログ村ランキング
人気ブログランキングバナー人気ブログランキング
[PR]

by m_0k1 | 2011-04-21 00:35 | ポケット